事業内容
トップページ






■事業内容

Ⅰ.管理型最終処分場
 産業廃棄物・一般廃棄物の最終処分(埋立)
Ⅲ.中間処理場
 脱水・油水分離処理
Ⅲ.廃棄物再資源化(マテリアルリサイクル)
 汚泥、燃え殻、汚染土壌等をセメント原料、
 泥土改良材料へ供給
Ⅳ.廃棄物有効利用(サーマルリサイクル)
 木くず・廃プラ等を、発電・発熱施設へ燃料とし て供給
Ⅴ.汚染土壌処理取扱い

■産業廃棄物・一般廃棄物最終処分場

 取り扱う廃棄物の種類
◎廃プラスチック類 ◎ゴムくず ◎金属くず◎ガラスくず ◎コンクリートくず及び陶磁器くず◎がれき類 ◎汚泥 ◎木くず◎紙くず

■産業廃棄物・一般廃棄物中間処理場

 処理のしくみ
◎汚泥濃縮設備
除染された汚泥は、加圧浮上装置により汚泥中の油分除去を行うとともに濃縮され、汚泥貯留槽へ貯留されます。一方、分離液は前曝気槽へ送られます。
◎生物処理設備
曝気槽内の活性汚泥により、有機物を分解・除去します。
◎凝集沈澱処理設備
SS(浮遊物質)とリン除去にために凝集剤を添加し、凝集分離します。
◎消毒・放流設備
処理水を滅菌した後、放流します。
飯島町公共下水道へ放流。
◎汚泥脱水設備
汚泥貯留槽に貯められた濃縮汚泥は、脱水助剤を添加して、脱水機(遠心脱水機)で脱水・減容します。脱水汚泥は、ホッパに貯留した後、搬出します。
◎脱臭設備
各設備から出る臭気は、臭気濃度別に捕集します。高濃度臭気は活性炭吸着処理し放出します。
ホーム 会社概要・沿革 業務紹介 関連会社 TOPICS